ビーズクッション座椅子「座・気まま」

くつろぎのかたち

読書やお昼寝、テレビを見ながらゴロゴロゴロ。
一人で静かな時間を過ごしたり、家族や友達など大切な人とのおしゃべりを楽しんだり、ゆっくりと流れるくつろぎの時間はなぜこんなにも心地よいのだろう。

その心地良さやくつろぎにすこしでも寄りそえるようなものをつくりたい。
そんな想いから生まれたのが、ビーズクッション座椅子「座・気まま」です。

腰を下ろすと自然に背もたれが立ち上がり、身体に合わせてカタチを変える不思議な座椅子。
しっかりとコシのある使用感でどんな姿勢にも対応してくれるから、座椅子として座るほかにも、ごろ寝用の枕にしてみたり、ストレッチをしてみたり、自分だけの気ままな使い方が見つかります。
また、座椅子のくつろぎとテトラ型のあそびが絶妙のバランス。
和室だけじゃなくフロアにもハマるニュートラルな存在感もいいですね。
趣きをかえてシックなファクターを取り入れるなら、インテリア感の高いレザーがおすすめ。
温かな木目調にもクールなメタル調にも相性のいいレザー、お部屋もぐっと大人な表情に。

それぞれの、自由気ままなくつろぎのかたちをつくってゆく、それが「座・気まま」の原点です。

Stay Home

外出自粛が呼びかけられ、おうち時間をより快適に、楽しく、健康に過ごすことに注目が集まっています。
ビーズクッション座椅子はリラックスタイムでのご使用はもちろん、体圧分散性に優れているので、在宅勤務(テレワーク)で長時間座り続ける場合などにもピッタリです。

ラインナップ

ミニサイズ(約45×45×45cm)
レギュラーサイズ(約70×88×70cm)
ビッグサイズ(約95×115×95cm)
レギュラーサイズ(約70×88×70cm)
ビッグサイズ(約95×115×95cm)

オプション・その他の商品

座・気まま ツムギクロス
[レギュラーサイズ] 替えカバー単品
座・気まま ツムギクロス
[ビッグサイズ] 替えカバー単品
座・気まま専用 補充用ビーズ 20L

楽に持ち運びができる軽量設計

通常、ソファは重くて移動が大変ですが、「座・気まま」は楽々持ち上がる軽さが魅力。
いまある部屋の導線を妨げずに任意の場所へレイアウトが可能です。
また、ビーズクッションの頂点には持ちやすい取っ手つき。
女性でも無理なく持ち上げられる軽量感で、掃除機をかける時なども片手で持ちあげて楽に移動させることができます。

大粒のビーズ素材がフィット感の秘密

ポリスチレン・ポリエチレン製の直径約5mmの発泡ビーズは、従来の仕様と比較して、発泡ビーズの中にある空気の空間(セル)が壊れにくく、長期間の使用を実現。
姿勢に合わせてビーズが移動することで、背もたれの形をしっかり維持し心地よいフィット感を生みます。
パウダービーズでは実現できない、大粒ビーズならではのホールド感を体感してください。

座・気まま ご採用ホテル・旅館一覧

下記のホテル・旅館にて、ご採用いただいております。
■貴船 右源太
■京都亀岡 湯の花温泉 すみや亀峰菴
■ホテルニューアワジ グループ
(レザータイプ、SOU SOUバージョン)
▼「座・気まま」と「tetra」の違いについて、動画でご紹介しております。

メディア掲載情報

「座・気まま」を各種メディアで掲載していただきました。

2018/4/12
朝日放送「ココイロ」21:48~放送回で姉妹品 tetra紹介
2017/4/30
NHK総合「ルソンの壺」7:45~放送回で姉妹品 tetra紹介
2014/5/7
「読売新聞」夕刊 掲載
2012/1/18
「朝日新聞」掲載
2009
「ファッション雑貨」掲載
2009/7/16
別冊 「サライ夏号」掲載
2009/2/19
「サライ」4月号 第489号 掲載
2007/11/17
「オレンジページ」第23巻第22号 掲載
2006/11/16,/
「MONOマガジン」掲載
≪ ビーズクッション座椅子「座・気まま」は実用新案登録製品です。[ 登録第3124603号 ] ≫